HOME>オススメ情報>返済不能な債務を返済できる金額まで圧縮する
法律書

自力で返済できない借金の悩みは専門家に

返済が不可能または困難な債務がある場合は、専門家に相談してみるのが得策です。借金は借入した金額に利息を加えて返済する必要があります。借入総額や金利にもよりますが、借入金の1.5~2倍以上の返済総額になるケースはよくあります。名古屋で債務整理の検討を始める人の多くは、当月分の返済ができなくなってから専門家に相談していますが、実際はもっと早く相談するのが好ましいです。具体的には完済が不可能だとわかっている、または完済できる時期の見通しが立たないといった場合になります。早めに債務整理をするべき理由は、借金解決の選択肢が豊富にあるためです。債務が膨らんでしまうほど選択肢は減っていくので、返済が厳しいときが専門家に相談するチャンスです。特に自己破産だけは避けたいという人は、なるべく債務が少ないうちに名古屋で債務整理を検討してください。

債務にあわせた方法で解決しよう

債務整理は法律の力によって債務を減額する手段であり、自身の返済能力に見合った金額まで圧縮できます。名古屋では任意整理がよく選ばれており、借金の利息をすべて帳消しにできます。個人再生は利息を帳消しにした上に、債務を5分の1まで減額できる方法です。任意整理よりも大きく借金を減額できますが、債権者と任意交渉して解決する任意整理に対して裁判所を通し手続きする必要があります。自己破産は借金をゼロにできる方法で、借金解決の切り札と言われています。自己破産は免責がおりることにより債務がゼロになり、免責不可事由に該当した場合は解決できません。この場合は任意整理や個人再生などを検討することになりますが、最近は免責がおりやすい傾向があります。いずれの債務整理にも共通するのは、借金の取立てを止められることです。

広告募集中